2013年10月20日

お天気って〜・・・

DSC01670.JPG
10月も 早くも3分の2が終わりました
例年になく天候不順な10月
暑すぎた夏が 長かっただけに 期待いっぱいの10月だったのですが
大幅に いろんな予定が狂ってしまいました
売り上げしかり 花の出荷もしかり 
特に鉢物のほうは
需要期に入ったと思った途端の台風や暑さ
悪い悪いと言っても 9月は 前年よりも売り上げがあったのですが
それも なんだか かなりの不思議?です
実感としては まったく動いていない感たっぷり・・・
来週こそは 来週こそは・・・と思いながら3か月
いまだに実感としては 夏を引きずっているかのようです

ワタクシたちのお客様は ほぼ99%が切り花屋さんです
だから 夏の間の鉢物の需要は かなりの低さになります
ワタクシたちもそうですが お客様たちも 
鉢物は 切花に比べれば ほぼボランティア的なのではないでしょうか?
場所もとるわりには 売り上げにならないし
出し入れも大変です
でも花屋さんとしては 鉢物も置かねばいけない!のが 
正直なところかもしれません
もちろん鉢物のほうが 売れる花屋さんだっていらっしゃることでしょう

でもこの天候不順を経験して
鉢物は リアルに天候の影響を受けすぎるということに直面しました
切花なら 天候が悪くても予定は予定として 仕事として成立します
先週の金曜日の爆発ぶりもそうですし
毎週天気が悪いとはいえ 切花が金曜日に よく動くのは
そういうことだと思うのです

一方鉢物は 天候が悪いと ず〜っとまったりなのです
ワタクシの会社が鉢物に弱いためとか 
仲卸を使うお客様は 鉢物をあまり扱わない方が多いとか
そういった理由も大きいのでしょうが
それにしても この切花と鉢物との 落差は大きすぎます
そこが やはり中央市場の仲卸として 
鉢物をやっていくことの限界を感じざるを得ません
切花を やっていたほうが はるかに効率が良く 売り上げも上がるし
スタッフの体力消耗も少ないのです
だからこそ 鉢物には 鉢物の専門のスタッフが どこにも存在するのです
それもどこもたった一人の孤独なスタッフが多いのですが・・・
鉢物の 仕入れが特に難しいわけではありません
切花のほうが 産地さんも多いし 共撰が多数だし より専門知識が必要です
鉢物は 個人の産地が多く 規模の大きいところも少ないし
品目品種が特に多いわけではありません
花たちを目で確認することも 鉢物のほうが容易です
切花は 箱に入っていると見ることもできないし
共撰では あってはいけないことではあるけれど
人によっては 出来のばらつきもどうしてもあるものです
鉢は 必ず確認することができ 産地さんの作付の情報や 
産地さん自身の 出来具合も そうそう毎年違うものでもありません
だからこそ 新参者の私たちでも なんとかやってこれたわけなのです

大きな会社なら 鉢物の仕入れ専任者がいても やっていけるのでしょうが
ワタクシたちのような小さな仲卸では
切花の仕入れの専任ですら 必要はありません
特に鉢物は売り上げの2割にも満たない部門です
それぞれが やれる仕事を全力ですることが 小さな会社のオキテです
仕入れることも もちろん仲卸としての重要な仕事ではありますが
まずは 売ってなんぼ!です
仕入れることを仕事とするならば より以上に売る現場に立って
お客様の反応を見るべきです
その実感を産地さんに伝えていくことも大切です

まあそんなことを思うと
天候不順が続けば 鉢の仲卸としての体力のなさは 
経営をするうえでも いろいろと悩みの種ともなってきます
イバラの道を歩み続けるのか
それでもある種のボランティアとしてやっていくのか
ず〜っと本気モードでやってきたつもりではありますが
会社としても ワタクシ個人としても はたして体力がもつのか
・・・ということの不安が頭をよぎります
お客様のひとことが支えでやっている鉢物
お客様の期待も 感じています!
それにしても ツライ10月です
需要期としての期待は 当てが外れ
赤字になっていないのが不思議なくらいです
今週もさらに大きい台風が やってくるようです
あっち行け〜呪いを かけているのですが
ある程度の覚悟も必要のようです
今週は やっとビオラのQ的解禁ですが
それもどうも怪しいですね

園芸だけで 生業を立てている方々の ご苦労をお察ししてもなお
中央市場場内の仲卸として あの鉢物としては最悪の環境の中
これ以上に 頑張っていくのには 限界を感じています
縮小するなり 切花に 特化していくほうが会社としてはいいのではないのか?
いろいろ思いがよぎりますが
売れないからすぐ撤退というのも ワタクシの主義に反しますし
売れることだけをするというのも また ちょっと女が廃(すた)る気がします

先ほど 先週の台風で 被害にあった産地さんとお話をしました
経営の根幹をくつがえす状況にも なり得る今度の台風
でも このくらいは 授業料である!と言っていました
きっと後片付けや 次に備える準備に奔走している最中であると思います
力強いひとことです
経営者として先輩の彼の一言は 自分をひどく小さく感じさせてくれました
ワタクシたちは なにも市場が飛んでなくなったわけではありません
このくらいの悪天候続きで 鉢物撤退なんてバカバカしいと思ってはいるのですが
切花と比較すると・・・と 考えると やはり経営者としては
ある程度の策は練らねば・・・と思うのは 当然です
さて 今週は どんな一週間になるのでしょうか?
揺れる鉢もの心は どう振れていくのか・・・?

当然今日は 荻窪市場にも行けません・・・
また今週も 来週こそ!という言葉に 逃げたくはありません
天候に左右されるのは 致し方ないにせよ
戦うわけにもいかず 空を見上げて タメイキつくのも悔しい!
もうお天気ってやつは〜!?
posted by Q-Cafs at 14:45| Comment(2) | 今週感じたこと
UP!